位置:トップページ > 翻訳分野 > ビジネス翻訳
翻訳分野

ビジネス翻訳

当社のビジネス翻訳は主に下記を指します

技術導入に関する情報翻訳

国際貿易に関する翻訳

金融・証券・銀行に関する情報翻訳

契約書に関する翻訳

国際金融・保険などに関する翻訳

取扱説明書、大型設備の仕様書などに関する翻訳

ビジネスに関連する翻訳

コンサルティング、設計に関する翻訳

 

ビジネス翻訳の四つの原則

一、精確

普通、ビジネスといった文書は、両者が取引関係を構築するための証明書のことで、ある程度から言えば、法律効力を有しますので、翻訳する際には、注意の上、注意しなければならない、ビジネス翻訳には、数字、単位などがよく出ます、これらのものを誤訳すれば、クライアントに多大な損失を与える可能性があります。

 

二、単刀直入

競争が日増しに激しい今日では、時間が金銭で、効率的な交流は人間交際の主流となります、ビジネスマンはビジネス活動をする際には、ビジネスチャンスを把握するため、単刀直入が必要する場合が益々多くなってきています、ビジネス翻訳にも同じように、短時間でビジネス文書の意味を正確にクライアントに教える必要で、堅苦しい挨拶といった言葉を略しても大丈夫だと思います、ビジネスマンにとって、大切なのはビジネスに関連する部分ですので、この部分を短時間で正確に伝えるのは何よりいいです。

 

三、意味がはっきりとする

曖昧な表現がなく、意味のはっきりとする表現はビジネス翻訳に非常に重要なことです、それでは、はっきりとする表現はなんだろうか、どうすればいいのか、ひと口に言えば、異議のない表現のことです、ビジネス翻訳には、契約書など何かを約束するものは、結構多いです、これらのものは取引両者にとって、大切なもので、誤訳や曖昧な表現になると、取引両者の提携関係を破壊する可能性があって、慎重しなけれなりません。

 

四、柔軟性

ビジネス翻訳者は言語以外に、幅広い知識を持たなければなりません、翻訳する時、原文の意味を正確に伝えるだけでなく、その原文に合わせる文体で表現するのも大切なことです、つもり、そのも のらしい、契約書の翻訳は契約書らしい、広告の翻訳は広告らしい、そのものらし翻訳は大切です、当社は翻訳者にそう教育を行ったので、翻訳作品はそのものらしいとなります。